2017年09月14日

「楽しい」はどんなに迷ってない感じ

そよ風は顔には、春がすでに秋の涼しい、三月の春風は遅れに別れを、冬のようにぼんやりしていて、私にさせては簡単に気付くが遠くから春の足のように駆けつけた。私が見て鉄柵のほかの若木を吹いて微かに揺れるされる時、のように自分を感じるのはその木は、全身がさわやかで、風は私の心が揺れて定まらないから、だんだん冷たい空気に感じることがその「楽しい」はどんなに迷ってない感じ。
ここを離れた時に風が少し暖かさが、今私は帰って来て、窓の外のパスをまた小さくて涼しいだした。花が咲き、あなたは歩いて、花は落ちて、あなたは帰って来て、しかし夢はまた目が覚めました。
東風が来なくて、三月の柳絮が飛ばず、あなたが心の底のような、本当に小さな寂しい城、聞こえない年回り名だけは、過去には見えた。ファンの彩る。シーズン霧雨がぼんやりしていて、知らない葬った芳菲何よ、風が吹いて雨の音を事細かに、心の底は水のように雨がしとしとと、荒涼としては哀れな心。花も憂さ晴らし人も痩せて、むやみに化粧を尽くした美人に惚れて落ちる中、うら悲しい。光陰似水流年覆夢、今は、彼も人間も旅人、あなたは、誰がために咲いたのか。
まさに私の美しい恋しいよ、あの人込みの中で、一目で望穿た万隔て君と出会う。柳絮舞い上がる、愛情がいつまでも続く限り、冷淡人生世の変転。しかしあなたは今回は来て送るために君千裏、誰か知ってる風の中に君を埋沒の淺い言葉が、私はあなたの愛は心が口を開いた気持ちで難しい、漂う香りに嗅ぐあなたはあの深い執念。これは1種の不可言宣真情、悲しくているすばらしい。
季節の清風はとても心地良いです。しかし私は感じて全身透一種の清涼かつ悲しみの存在が、前を歩いて、いつも気にかけて僕は吹か後ろのように、風に吹きで耳にした時はそう言った。夕暮れの街では、無数の通行人を越えて、しかし私は自分の呼吸もがはっきり聞こえる。孤独は永遠に自分の最大の精神が欠けている悲しい、空虚な薬剤を埋めることに気付いたら自分のはかわいそう。
生命の中で最も美しい時はいつもわたしを舎てた孤独な時が現れて、私は何を意味するのだが、本当に忘れられない。あの人が来るのを待って、満開の光が眩しい。愛の偉大さはそれは見上げてではなく、私たちを体験して頭を下げ、這段真摯な深さ。もし誓いは自分の最も重要な守り、そんなに苦い歳月にじっとしていない安然、なおその朝暮長い……
私はあなたの期待するの、ちょうど私とあなたが愛するの、人は信じられない。期待したのは夢のような話で、あなたは私の弾指間のそっと滑って、使うことができます底の心が織りなす這段では神仙れ仲間も羨望の年月。世の恋人が児は、お互いのため愛慕で出会ったよ、その愛情を持つ時、たとえお互い守る世の果てないが、きっと消えてなどの時、あなたの手を握っていても別の1階の手のひらの温もり。
もしあなたは本当に愛を信じ、世の中の騒動にお互いにとっては意味のない飾りだけ。凋落の世界には期待が期待されています。半分はイバラ、半分は安泰で、イバラにさすらいて、それとも安寧と平行して平行?前者はこの道の始まり、後者は恋の結果に対して最良の解釈だと思います。信じてみたい幸せな愛情を持つが、なかったが、それはあんなに自信の春を引きつけないすべての生命中に発生したすべてのことに何のきっかけ。

ニックネーム jacqueline at 13:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字